最近話題のいちゃキャバ!
セクキャバとキャバクラの中間と言われるいちゃキャバとは?

最近よく聞く『いちゃキャバ』というお店

セクキャバでもなくキャバクラでもない謎のお店

皆さんはいちゃキャバというお店はどのようなお店か知っていますか?いちゃキャバと言われるお店は『いちゃいちゃできるキャバクラ』を略してつけられているそうで、そんなふざけた業種なんてないでしょ!?と思うかもしれませんが、実際にあるのです。

いちゃキャバは、冒頭でもご紹介している通り。過激なサービスが売りのセクキャバと、基本タッチが禁止されているキャバクラの中間に位置するお店なのだそうです。個人的にはお触りOKであれば全部セクキャバでいいじゃん!とも思うのですが、お店探しをしている女性からすれば「ソフトサービス店」を見分けるためには非常に役に立ちそうですよね。

気になるサービス内容はというと、お触りがありな時点でキャバクラよりはセクキャバ寄りのお店と考えておいた方がよいでしょう。しかし、過激サービスを売りにするお店の多いセクキャバですので、そこまでのサービスはちょっと…と言った方にはなかなか自分に合ったお店を見つけるのは難しいものです。そこでできたのがいちゃキャバで、女性からも男性からもお触りOKなのは前提として同じですが、キスはフレンチな物、バストのお触りも服の上からが基本で、下のお触りは絶対NGなどかなりサービスが緩くなっている印象があります。

ただし、いちゃキャバという業界自体が登場し始めたのがまだまだ最近のため、サービス内容がお店によってかなり違うという点もあるのでそのあたりは注意が必要です。中には、いちゃキャバって書いてあるけど必要なサービスはセクキャバと何ら変わらないというお店も珍しくないため、そのあたりはどんなサービスが必要になるのか入店前にしっかりと確認するようにした方がいいでしょう。ここでは、いちゃキャバのメリットやデメリットをまとめてご紹介したいと思います。

いちゃキャバのメリット

好待遇のお店が多い

いちゃキャバはソフトサービス店と言っても、もちろん時給などは一般的なお仕事と比較して高額となります。一般的には3000~8000円ぐらいはあるでしょう。

しかも、いちゃキャバという業種は最近増えてきたということもあって、男性からの需要は高い割に女性の間での知名度は低いものです。つまり、「いちゃキャバで働こう!」という女性が少ないということでもありますので、好条件・好待遇で求人が出ていることが多いのです。お金を稼ぎたいという方には非常にお勧めです。

働きやすい!

キャバクラは基本的にノルマが設定され、未達の場合は罰金があったり、そもそも待機中はお給料がカットされるといったことが当たり前のようなにあります。しかし、いちゃキャバの場合は、ノルマを設定されるということはまずないと考えていいです。お客様との連絡先を禁止しているお店の方が多いぐらいですので、仕事とプライベートを完全に分けたいという人にはいいかもしれませんね。また、出勤時間や出勤日も好きに決められるので、気楽に働けるという女性は多いものです。

いちゃキャバのデメリット

業種の境目があいまい

セクキャバは上述しているように、まだまだ業界自体が新しい業界と言えます。そのため、業種の細目があいまいで『いちゃキャバと言えば●●』といったような決まったサービスが非常に分かりにくいものです。その為、サービス内容などはお店の考えで決まってしまうため、求人ではキャバクラ程度のサービスと書いていたのに、実際に働いてみるとセクキャバ並みのサービスを強要されるといったことも珍しくありません。

どちらにせよ、キスやお触りは絶対にありますのでその辺は覚悟しておきましょう。

求人内容と違う部分がある

上述もしていますが、いちゃキャバの求人内容はズレが多いので注意が必要です。特に、求人ではいちゃキャバの求人となっているのに入店してみるとピンサロのようなサービス、つまり男性客に対して抜きのサービスまであるといった場合もあるそうです。

いちゃキャバに入店する前には、面接時などにノルマの有無を確認することはもちろん、サービス内容の確認は絶対に行うようにしましょう。話を聞いても不安であれば体験入店の相談をしてみましょう!

どんなお店でもまずは体験入店を!

本入店してから後悔しないように体験入店を!

いちゃキャバについてのメリットやデメリットについてご紹介してきましたが、いちゃキャバは一般のお仕事と比較すると圧倒的に好条件のお店が多いのも事実です。しかし、いくら求人内容が気に入ったとしても、面接では違うことを言われた…入店してみると過激なサービスが必要だった…などとなっては非常にストレスがたまる物です。

したがって、いちゃキャバなどで働く時には、あまりかっちりとした考えは持たずに、まずは体験入店に数日働いてみた上の本格的にそのお店で働くのかを決めるようにするといいでしょう。体験入店であれば、働いてみて気に入らなければすぐに他の高収入ワークを探せばよいので、気楽に働くことが可能でしょう。

もちろん、いちゃキャバなどは体験入店時にも高額な自給は保証してくれますので、働いてみて損になるなんてことは基本的にはありません。しかし、こういった業種のお店は、お店との相性が合うのかという部分が、長く働くためには非常に重要になってきますので、同僚の女の子や、お店の男性スタッフについてもきちんと見ておくことをお勧めしますよ!

ソフトサービスで高収入ないちゃキャバ!

今回は、セクキャバとキャバクラの中間に位置するとも言われる『いちゃキャバ』についてご紹介してまいりました。いちゃキャバには似たような業種でセクキャバ、2ショットキャバクラ、おっぱぶなど様々な呼び名があり、働く女性側からすれば非常に分かりづらいものです。

基本的に、どのお店もお触りがOKという点では同じなのですが、どこまでのお触りがOKなのか、キスの濃密さが違うなどサービス内容が異なるということはあまり知られていません。しかも、基本的にサービスが過激だから高時給になるというわけではなく、サービスは過激でもお客様が少ないお店は時給が安く、サービスはソフトでも人気店は高時給など、時給からもサービス内容の過激さがわかりにくい面もあるのです。

いちゃキャバで働きたいと考える方であれば、ソフトサービス店がいいと思う方が多いでしょうし、実際にそのお店のサービス内容でやっていけるかの確認は、一度体験入店してみるといいのではないでしょうか?