夜職って種類が多すぎていまいち分からない!代表的な『飲み屋』さんを簡単に解説します!

セクキャバ求人コンシェルジュ キャバクラのこと

セクキャバ 大阪

古くから女性の稼げるお仕事として人気の夜職でも、さまざまな種類のお店が存在しており、夜職未経験の方からすれば、何が何やらわからなくて、どこで働けば良いのだろう…と迷ってしまうことも多いです。

夜職の代表と言えば、キャバクラをイメージする方が多いのですが、それでも「クラブ」や「ラウンジ」などと、キャバクラは何が違うのかと聞かれるきちんと答えられる人の方が少ないのではないでしょうか?さらに近年では、「お触りができるキャバクラ」と呼ばれるセクキャバなる仕事が人気になっているようですが、これはキャバクラと何が違うのか分からない…という方も意外に多いと思います。
他にも、ガールズバーやスナック、ニュークラブなど、さまざまな呼び名の飲み屋さんがありますので、この記事では、それぞれがどういったお店なのかについて簡単にご紹介しておきたいと思います。

水商売の業種について

夜職や水商売と呼ばれるお店と言えば、キャバクラをイメージする方がほとんどだと思います。しかし実際には、他にもさまざまな名称のお店が存在しており、それぞれのお店ごとに特徴が微妙に異なります。そして、入店するお店によって、稼げる金額などもかなり違ってしまいますので、お店ごとの特徴ぐらいはおさておきましょう。

ここでは、一般的に夜職と呼ばれるタイプのお店について、それぞれのお店の特徴をご紹介しておきます。

キャバクラ

夜職・水商売の代表と言えば、やはり「キャバクラ」が真っ先に思い浮かぶと思います。キャバクラは、女の子がが座席で接客するタイプのお店で『接待飲食店』と言う扱いになります。

キャバクラのお仕事内容に関しては、お客様の横に女性キャストが座り、飲食の相手をしながらお話をするというのが一般的です。ちなみに、キャバクラという名称は、「キャバレー」と「クラブ」を組み合わせた造語であり、このお店で働く女の子はキャバクラ嬢、キャバ嬢などと言われます。

一昔前までであれば、キャバ嬢を専門として働く方が多かったのですが、現在では、女子大生やOLさんなどのWワークの方が増えており、アルバイト感覚でキャバ嬢をしている方も多いです。なお、キャバ嬢のお仕事は、18歳~25歳程度までの若い女性が活躍する業界と言われているのですが、最近では、30代前後のキャストが活躍する姉キャバや35歳以上の方がいる熟女キャバクラなんてお店も増えています。キャバ嬢は、男性の相手をするお仕事ですので、可愛さやスタイルなど、見た目の美しさもそれなりに重要になります。ただし、聞き上手、話が面白い、気遣いができるなどと言った、外見に関係のない部分で人気の出るキャバ嬢もたくさんいます。

最近では、昼間から営業している『昼キャバ』や、コスプレをして接客するといった『コスプレキャバクラ』など、特定のコンセプトを持って営業するお店も増えていますので、キャバクラで稼ごうと思えば自分に合うお店探しがとても重要になっています。

クラブ

次は、『クラブ』です。夜職にあまり詳しくない方の中には、キャバクラとクラブは同じ業種と考えてしまう方もいます。しかし、この二つの業種は別のお店であり、キャバクラはどちらかというと庶民感覚の若いお客がワイワイと騒ぎながら、ノリよく楽しむといったお店です。一方クラブは、高級志向のお店になり、落ち着いた大人の女性が求められる傾向があります。

客層に関しては、若い人が中心のキャバクラに対し、クラブは財界、政界、芸能界等、所謂セレブなお客様が多く、女性キャストの知識レベルなど、それなりの資質が求められます。なお、クラブで働く女性キャストはホステスと呼ばれ、その上にママがいます。キャバクラは、キャストがいろいろなお客様の席を移動しながら接客するのが普通なのですが、クラブの場合は、お客様ごとに担当する女の子が固定されています。さらに、担当したお客様に関しては、顧客管理から売掛回収まで行わなければいけませんので、女性はかなりの裁量が求められるものです。

クラブは、女性のレベルも高い為、担当したお客様の売り上げを考慮した形の歩合でお給料が決まることが多く、当たり前のことですが担当が多くなればなるほど稼げます。もちろん、新人のうちは担当がありませんのでお店からのお給料支給という形になります。一般的に、お客様の相手をするキャストは20~30代がメインとなりますが、顧客を持っているホステスであれば年齢制限なく働けます。

ニュークラブ

ニュークラブは、キャバクラとクラブの中間ぐらいに位置するお店と言ったイメージです。どちらかと言うとキャバクラに近い感じのお店で、「ニュークラブ=ハイクラスなキャバクラ」と考えておけば良いでしょう。

どういった点がハイクラスなのかと言うと、お客様が支払う料金と働いている女性キャストの質だと言われます。それゆえ、ニュークラブで働く女性キャストは、キャバクラと比較するとノルマなども高く設定されることになりますので、働く側から見るとしんどいように思えます。お店のシステムや女性キャストに求められるお仕事はキャバクラと同様ですので、初めての水商売と言う人はキャバクラを選んでおいた方が良いでしょうね。
因みに、水商売のお店と言うものは、地域によって呼び方の違いがあります。特にニュークラブについては、北海道や東北地方の一部ではその他の地方が言うキャバクラと同様な意味合いを持っているのです。こういった地域で『キャバクラ』と呼ばれるお店は、一般の『セクキャバ』に当たるお店になるので注意が必要です。

ラウンジ

高級クラブとスナックの中間のような扱いのお店がラウンジです。スナックはカウンターのみとなっていることが多いのですが、ラウンジは店内も広く作られスナックほどの窮屈感はありません。しかし、高級なクラブほどの作りになってはいないので、前述のような表現になります。営業方法は、クラブに近く『接客飲食店』となりますので風営法上深夜以降は営業できません。

来店するお客様は、お酒や軽食、カラオケなどを楽しむ感じで、この部分はスナックに近いのですがボックス席に女性スタッフが付くという点でクラブ寄りになるのです。ラウンジも地域のよって意味合いが異なり、九州の一部ではラウンジがその他の地域の『キャバクラ』となります。因みにその地域でのキャバクラはセクキャバを指します。

スナック

スナックも古くからある形態のお店で、昔から女性のナイトワークの主流ですね。スナックは、キャバクラなどとは異なり、カウンター越しに飲食物を提供するタイプのバーのようなお店です。
スナックは、どちらかと言うと中年以上の男性が利用するお店で、若いサラリーマンなどは上司に連れられていくことはあるものの、あまり自分から行くことはないでしょう。これは、スナックと言うお店の成り立ちが関わっており、70年代に洋風なカウンターバー、カフェバーとして一世を風靡したお店で、その時に行っていた客層がそのまま年齢が上がり今に至るからだと言われています。
カウンターバーのようなタイプのお店は、後述するガールズバーもよく似たお店なのですが、違いは客の年齢が違うという事です。

ガールズバー

ガールズバーは、スナックと同様にカウンター越しに飲食物を提供するお店です。もう少しわかりやすく言うと、バーテンダーが女性スタッフと言うだけのショットバーです。
つまり、あくまでもバーとしての営業ですので、女性に求められるのは本来バーテンダーとしてのお仕事となり、法的にも通常の飲食店として扱われるため、時間的制限は少ないです。当たり前ですが、キャバクラなどのような料金設定にすることは難しいため、ガールズバーで働くスタッフのお給料もキャバクラなどと比較するとかなり安めの設定になっています。
ガールズバーは、出店のハードルもかなり低いため、お店も多くできてしまい、お客様の取り合いのような状況になっています。その為、最近では女性スタッフがコスプレしたり、メイド喫茶のような接客をしたり、スポーツバーのようにモニターを設置するなど、コンセプトを前面に打ち出すようになっています。

セクキャバ

セクキャバは、女性には知名度が低いですし、男性からは風俗店だと思われている少し特殊なお店です。もちろん風俗店ではなく、キャバクラ同様にキャストがお客様の横に座り、飲食の相手をするという『接待飲食店』になります。
セクキャバとキャバクラの大きな違いは、キャバクラは基本的に男性客がキャストに触れるのが禁止なのに対して、セクキャバは『お触りOK』な点が特徴だという事です。そのため、セクキャバで働くキャストは、胸などの上半身に触られることや、キスをお客様とするという事がお仕事の範疇に入ります。ただし、風俗店ではないので『ヌキ』と言われる性的サービスの提供は一切ありません。お触りの範囲はお店によってかなり違うので、入店する前にどこまでのサービスが必要なのかはきちんと確認しましょう。
働く女性キャストは、20歳前後から上は40代まで働けるという非常に幅広さがあります。これは、キャバクラ以上にコンセプトをしっかりと作って営業しているお店が多いという点がありますし、店内が暗く作られているので、若く見える人であれば40代の女性でも問題なく雇ってもらえるからです。
因みに、お給料面で考えると、体に触れられるという事もあり、キャバクラよりもかなり高時給に設定されています。さらに、キャバクラのようにお客様に営業連絡をするなどといった煩わしい作業が必要ない為、キャバクラと比較すると楽に稼げるなどと言われ、近年の夜職業界でキャバクラ並みに人気が高くなっています。

まとめ

今回は、様々な種類があるナイトワークについて、職種の名称とその特徴について一覧でご紹介してきました。本稿でもご紹介しているように、ナイトワークと一口に言っても、いろいろなお店があり、それぞれのお店では求められる資質がかなり異なります。基本的には、お客様の相手をしながら、トークで楽しませることになるので、普段から他人と話すことが苦手な人や、人の話を聞くのが嫌いな人はあまりこの業界に向いているとは言えないでしょう。
ナイトワークは、入店すれば誰でも稼げると考えている人が多いものですが、実際にはそうでもなく、稼げる人と稼げない人に完全に分かれてしまう傾向にあります。稼げる人には、やはりそれなりの理由がありますので、こういった業界で働くときには、そのお店で稼いでいる人がどのようなことを行っているのか注意深く観察して真似してみることから始めてみると良いですよ。誰もが初心者から始めるものですので、向き不向きはあるものの、努力次第では稼げるようになると思います!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

セクキャバ 大阪

条件に合ったセクキャバ求人と出会えるサイト

セクシープリンセスワーク

【体験入店ご応募400件超え!】高収入で稼げる日払い体験入店セクキャバ求人

みんなの評価

種勤務可能掲載エリア

梅田,十三,北新地

掲載業種

ホームページ https://osaka.s-princess.jp/

特徴 高収入で稼げる日払い体験入店セクキャバ求人

アルバイト情報を案内しているセクキャバ求人サイトです。高収入は当たり前。セクキャバ・風俗業界の求人に有りがちな「求人情報の嘘を完全排除」された、超人気セクキャバ求人情報の「Sプリワーク大阪版」サイトです。大阪のセクキャバ求人人気エリア「梅田/堂山/兎我野町・十三・西中島・京橋・日本橋/千日前・難波/なんば/心斎橋・宗右衛門町・堺/堺東・高槻/枚方/茨木・東大阪/布施」の安心して”働けるお店だけが、厳選されてして掲載されています!!お店の雰囲気は動画で紹介されていますので、どんなお店かよくわかりますよ。また、朝の部・昼の部など働く時間帯別の求人情報、日払いOKのセクキャバ求人情報だけじゃなく、ナース系、制服系、和服・花魁系などの「衣装検索」などユニークで求職者目線の検索システムなど、続々と新機能追加中。嬉しい「体験入店祝い金8,000円」は最短即日もらえちゃう!大阪のセクキャバ求人をお探しなら「Sプリワーク大阪版」は要チェックです!

ヴィヴィッド・クルーグループ

関西最王手セクキャバグループ店の求人サイト

みんなの評価

種勤務可能掲載エリア

梅田,十三,北新地,堂島,堂山町,阪急東通り

掲載業種

セクキャバ,ツーショットキャバクラ,いちゃキャバ

ホームページ http://vivid-g.com/

特徴 もれなく時給5000円スタート、面接交通費まで負担

大阪最大手のセクキャバ、VIVID・CREW グループ・セクキャバ求人サイトです。高収入、時給5000円以上のバイト情報、求人情報満載です。出稼ぎや大阪に初めて引越しして環境を変えたい方はもちろん、バンドの追っかけなどで期間限定・定期的な出勤も考慮してくれるヴィヴィッド・クルーグループは、セクキャバがはじめての方も安心です。朝9時からのシフトも用意しており、シングルマザーの女性にも安心して活躍中。その女性の女性らしさを追求するヴィヴィッド・クルーグループは美容手当も用意、ただ高収入なだけでなく、かかわったキャストの皆様全てに幸せになって頂ける職場環境造りを目指しています。ラインで簡単質問というのもあるようですので気になる方は匿名で質問だけもOK!前日の質問数もサイトで公開しており、毎日十数名がラインで質問しているというモンスターサイト。

セクキャバジョブエアチェンジ

セクキャバ・ツーショットキャバクラ・いちゃキャバ専門求人サイト

みんなの評価

種勤務可能掲載エリア

梅田,十三,堂山町,阪急東通り

掲載業種

セクキャバ,ツーショットキャバクラ,いちゃキャバ,ショーパブ

ホームページ 

特徴 飲まない・なめない・抜かないの店舗のみ掲載

飲めないけど風俗はちょっとという女の子ご用達。セクキャバ専門の求人サイト。大手セクキャバグループ店からマイナーセクキャバ店舗、いちゃキャバ・ショーパブばかり200店舗以上掲載。サイト特典で体験入店5000円、入店した店舗で3ヶ月で150万円以上の高収入を獲得された女性には最大12万円の祝い金を進呈。お悩み事相談室と題してセクキャバと風俗とキャバクラの働きかたの違いや心構えなどを匿名チャットで相談するという斬新な手法で絶大な人気を誇る。
※ 現在はサイト閉鎖されております